KYOTO ARTS CORE NETWORK
Events

フォーラム「芸術と労働」――「芸術実践と人権-マイノリティ、公平性、合意について」第8回

京都精華大学|LGBTQをはじめとするマイノリティの社会包摂を視野に入れたアートマネジメント・プロフェッショナル育成プログラム

日程:
2018年11月23日(金)15:00〜17:00
会場:
京都芸術センター フリースペース
フォーラム「芸術と労働」――「芸術実践と人権-マイノリティ、公平性、合意について」第8回

イベント情報

概要

長時間労働、低賃金、非正規雇用、やりがい搾取、さまざまなハラスメント。アートに関連する労働環境の問題について、語られることが増えてきています。このフォーラムでは、芸術、労働、社会との関係を考察し、これから先の社会において求められる意識、行動を来場者と共に考えます。

日程

2018年11月23日(金)

15:00〜17:00

会場

京都芸術センター フリースペース

料金

無料
申込締切:2018年11月22日(木)
定員100名/先着順に受付し、定員に達し次第申込を締め切ります。

内容

登壇:白川昌生(美術家)
   三輪晃義(弁護士)
   吉澤弥生(共立女子大学文芸学部教授、芸術社会学)
進行:樋口貞幸(アート・アドミニストレーター)

主催

京都精華大学

共催

京都市、京都文化芸術コア・ネットワーク、京都芸術センター

問合先

京都精華大学 社会連携センター Tel.075-702-5263(平日のみ)/Mail: lgbtqseminar@kyoto-seika.ac.jp

詳細・申込

PageTop